畑じまい2017つれづれ。

松丸②号畑。
綿花、ぜんぶ引っこ抜いた。
今後は春に向けての土づくりだ。
Tさんには本当にお世話になった。
そして、「松丸」という土地がすごく好きになった。
来年は作付け面積を倍にしたいので、引き続きよろしくお願いします。

 

Tおじさん、いつも野菜をくださる。

 

 

 

小松菜に大根、ブロッコリーに菜花……。
助かる。

 

 

地元の農業試験場勤務時代、支場長に「あなたには農業研究者の素質がある。今からでも遅くないから大学の農学部に入って勉強したほうがいい、もったいないよ」と言われたことを時々思い出す。密かに、かなりうれしかった。

 

 

東小高③号畑も、綿花終了。
畑の土を崩して軽く耕してみたらミミズがゴロゴロ。
土の状態は決して悪くない様子。もっと早く種まきをしていたら良く育ったのかもしれない。
ここはすごく遅播きだったからな。しかも過酷な環境。綿のみなさん、がんばったね。
畑はOさんに引き継ぎ。
KさんOさん、お世話になりました。

 

 

日在の①号畑。黒マルチをはがし、こちらも春に向けて燻炭などを混ぜ込み、ねかせておいて微生物を増やす。
なんだかんだ、種播きが早かったためか収穫量がいちばんだった。

 

 

今年は新しい出会いが多くて、面白い年だった。
心から「ありがとう」をたくさん言った年だった。
まだ言い足りないと思っている。

とりあえず今年は来年に向けて種を山ほど採取できたので、良しとしよう。


2017-12-16 | Posted in AGRICULTURE, BLOG, WORKNo Comments » 
Comment





Comment