toggle
2022-07-10

わららべ尚道 2nd.アルバム『風のスープ』に参加させていただきました。

先日2022年7月2日に外房・御宿町のシンガソングライター、わららべ尚道さんが2枚目のアルバム「風のスープ」をリリースしました。
1st.アルバム「なぎさのシエスタ」に続き、今回もリリース全般、デザイン等をお手伝いさせていただきました。
また、「あけびジャムパイ」という曲のコーラスでも参加しています。

 

わららべ尚道「風のスープ」amazonリンク

【アルバム解説】
生活空間や自然から生まれた言葉をアコースティックでフォーキーな音でつむいだ、わららべ尚道の2作目となるアルバムは、宮沢賢治の「注文の多い料理店」にインスパイアされるなど、わららべらしいユーモアを散りばめた豊かな世界観が広がる。「チャーミングワークス」は福祉作業所の人々へのファンタジックな応援歌、「同行二人」は宗派を超えたスピリチュアルソングとなっている。「夜のアボカド」は、アコーディオンの優美な調べと伸びやかなボーカルに、都会人の孤独を魔術的リアリズムの視点で描いた歌詞が鋭い光を放つ。


わららべ尚道公式HP「わららべ座」オンラインストア、またはamazonからも購入できます(上の画像をclick)。
デジタル・サブスクでも配信中です。

 

わららべ尚道『あけびジャムパイ』
私、素朴に歌っています。
宮沢賢治の「注文の多い料理店」のオマージュともいえる、素敵な世界観の曲です。

 

 

わららべ尚道『デリバリモーニング』
こちらは1st.アルバム「なぎさのシエスタ」収録曲。
不思議な個性が光る、面白い曲です。
アイヌ語でコーラスしました。
ぜひ聴いてください。

 

 

わららべ尚道『なぎさのシエスタ』
1st.アルバム「なぎさのシエスタ」を象徴する曲。
コーラスで参加しています。

 

 

シンガソングライター、ラベこと「わららべ尚道」がパーソナリティーとなって自身の曲やゆかりの曲、日々のつれづれをゆったりと語る、外房~御宿発のネットラジオ「菜の花ミュージックトレイン」を毎月配信しています。
御宿町在住でギタースクールを営むギタリスト「倉橋潤」をアシスタントに迎え、都会の慌ただしい時間を過ごしている皆さまにホッとしてもらえるような「菜の花サウンド」とおしゃべりを中心にお届けするネットラジオ番組です。
私の曲も、毎回紹介していただいています。
よろしければ、チャンネル登録をよろしくお願いします♪


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。