盛岡、岩手レコその他つれづれ2018、夏。

すっかりUPするのを忘れていた。

 

所用で盛岡に行ったついでにレコード屋さんへ。

 

かゆいところに手が届く感じの、充実の品揃え。
その分、値段もしっかりめ。

 

 

財布に1000円札と小銭しか入ってなくて、許容範囲内で購入。
アナログでは持ってなかったライクーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

KENJIさん。
何度か「顔が似てる」と言われたことがある。

 

 

ちょうどお祭りの日で、参拝したら氏子(檀家?)の方にいただいた。
このお札を祀っておけば酒絡みのトラブルを避けられるだろうか。

 

 

盛岡の人気店らしく、店の前には行列が。
煙が充満して一酸化炭素中毒になりそうな換気のゆるい店内で食べる肉、おいしかった。

 

 

久しぶりに、陸前高田に墓参りに立ち寄った。
あらためて、陸前高田の津波被害の規模の甚大さを目の当たりにした。
町の機能が津波で根こそぎなくなってしまっている。
あちこちに盛られた黒い土、カーナビがあてにならない道路。
写真を撮るのも本当に申し訳ない心持ちだ。
そして、TVで見るのと実際に現地を見るのでは印象がまったく違う。

 

 

……かといって、積極的に現地に足を運ぶべきかというと、それもまたどうなのかと思う。
町全体が死亡事故現場だから。
ひたすら胸がつまる。

 

 

傷ついた土地のために自分にできることはなんだろう。
エゴになってはいけない。
亡くなった人々の気持ち、住んでいる人々の気持ち、その土地の歴史や想いが一番大事である。

↓陸前高田関連の過去記事は下をどうぞ。

 

RIKUZENTAKATA.MORIOKA.

 

Rikuzentakata.

 

 

 

陸前高田から埼玉に出稼ぎ中の従兄弟の要請で、従兄弟にもらったレコードコレクションの中から探し出すこと1時間。
↓従兄弟レコードコレクション詳細については、下の過去記事を参照のこと。

 

BLUEGRASSがやって来た。つれづれ。

 

 

発見。

 

 

発見。
アナログをデジタル化ののちCDに焼いて送って差し上げた。

 

 

ついでに見つけた、陸前高田のJAZZ喫茶ジョニーの企画制作盤。
聴いてみたらかっこ良かった。

 

 

こちらも同じくジョニーの企画制作盤。
つくづく思うのだが、CDよりレコードのほうが耐久性がある(私感)。

歴史を通過しながら何十年もの間、運良く破棄されずにようやく自分の手元に届いた音源は、有名無名問わず何かしら価値があるのではと思ってしまう。
アナログレコードのロマンである。

 

 

 

茂原の超巨大リサイクルショップ。
こんな店舗面積の広いリサイクルショップは初めてお目にかかった。
チラッと覗いたら、レコードあった。

 

 

値段も品揃えも、特にお得感は感じず。

 

 

台湾盤、あった。

 

 

 

読むところ多し。パラパラっと読む程度だが勉強になる。
Wilson & His Conbo、Apple Musicで見つけて聴いてみたら好きな感じだったので車でよく聴いている。

 

 

 

 

ロックT、あったので着てみた。
今は亡き阿部さんにいただいたT。

 

 

裾はINするべきだった。

 

 

引っ越しの時に捨てたと思っていたら奇跡の発見、阿部さんにもらったガチャピンT。
阿部さんに「これをお洒落に着こなしてみて」と言われたが、外で着たことは1度もなし。


2018-08-20 | Posted in BLOG, MUSIC, JAPAN, TRAVEL, RECORDSNo Comments » 

2016.6 MORIOKA

 

県のトップが野党だと風通しが良い。小沢さんもニコニコ。
2000人ぐらい集まっていた。

 

盛岡弁が好き。

 

アノナハン、チョットギマ、ネル

 

帰り道、東北道から常磐道を上っていわきに向かっていたのだが、富岡IC⇔四倉IC間が通行止めだという。
いきなり富岡ICの出口に誘導され、夜間の帰宅困難区域に放り出されることになり動揺が走った。これ、もしもナビを持っていなかったらかなりリスキーだと思う。
iPhoneのカーナビのアプリを頼りに運転してみたものの、安定の国道6号線じゃなくて裏道の方角にナビされてしまい、いや~不安だから6国を帰りたいんだけどな~、と思いつつアプリを信じてしまった。真っ暗だしどこ走ってるかよくわかんないしキツネが横切るし、パトカーが追いかけてきて車停められちゃったりしてナーバスになった。放射線量も不明な山道で窓を開けたくなかったが、広島県警が窓を叩きに来たので開けるしかなかった。事情を説明するだけで話は済んだが、その後、わかりやすい道に入るまで誘導してくれるのかと思いきや、パトカーはそのまま立ち去った。
仕方なく無人の町をひたすら走り抜け、国道6号沿いまで行ったら建物に灯りがついていてなんとなく人の気配もあり、ややホッとした。しかしナビをよく見ると原発にかなり近く、何が普通なのかわからなくなってくる。こんなこと、ダメだろう。何がダメなのかも自分で上手く説明ができない。

まだそんな放射能放射能言ってんの?よく知りもしない癖に町が汚れてるみたいに言わないでほしい。もうだいぶ線量下がってるし。同じ福島県人として不愉快だ、という複数名の心の声が聞こえてきそうだが、私は放射能を恐れている。自然への畏怖の念としての恐怖だ。家に帰宅して、しっかり体中を洗った。汚染されているという自覚は何もないけれど。
私はいまだに帰宅困難区域に立ち入りたいと思えない。第一に、住んでいた方に申し訳ないと思う。そして、実際に福島第一原発周辺に立ち入って生で現場の空気を感じて伝えることが復興支援だとも思わない。
そう言いながらも、単純に便利だからと常磐道を利用して今日は空間線量が高い低いと言っている私がいるのだ。


2016-06-30 | Posted in BLOG, JAPAN, TRAVELNo Comments » 

RIKUZENTAKATA.MORIOKA.

所用で陸前高田へ行ってきた。
確か、左のアパートに従兄弟の家族が住んでいた。
家族全員高台に避難して助かったが、逃げ遅れた人もたくさん。

 

 

うちの本家があった場所に立ち寄った。
当然、あとかたなし。

 

 

すぐ近くには造りかけの防波堤が。いろいろ考えさせられる。

 

 

長部漁港。

 

 

盛岡へ。
モランディ展を観た。かなり好きな部類の作家だ。
5/15、日曜美術館で元館長さんのモランディ解説があるそうです。

 

 

隣の公園の桜が満開だった。
ペットホテルに預けるのもアレなので、今回はベスも同伴。

 

 

被災犬の娘、4歳になりました。


2016-04-29 | Posted in BLOG, ART, JAPAN, TRAVELComments Closed 

レコード散歩。

盛岡は、お散歩が楽しい。昭和の匂いの残る商店街が、いくつかのエリアに分かれて存在していて、それぞれ雰囲気が違う。歴史的建築物の数々も素敵だ。

 

お散歩がてら、レコード屋さんに立ち寄る。

 

MOSSビルというテナントビルに入っている「ディスクノート盛岡」。

 

地元のリサイクルショップで埃をかぶって無造作に棚に平積みされているような盤が、POP文添付&丁寧にフィルムケースにパッケージングされ、ジャンル分けはもちろん、A~Zに分類され、綺麗に陳列されている。物を売るなら当たり前のことかもしれないが、この意識の違い。しかも値段は最近の地元のリサイクルショップとさほど変わりない。 ただ、私はどちらの店も好きだ。
 

こちらを購入。名盤らしい。
サポートミュージシャンとして有山じゅんじ、藤井裕、吉田拓郎らの名前あり。

城跡近くの桜山商店街にあるNEAT RECORDSも好きだ。

NEAT RECORDS

 

※レコード友だちは特に求めません。私はアナログレコードのヘビーリスナーではないのです。


2015-10-05 | Posted in BLOG, MUSIC, TRAVEL, RECORDSComments Closed 

BEAUTIFUL MATSURI IN MORIOKA

Rikuzen-takada

一本松の専用駐車場にて。仮設の小さな”みちの駅”みたいなお店でソフトクリームを食べた。

こんな顔になった。チチ展のポスターを貼ってくれるそうだ。

 

 

Moriokaの宿に着いて早々、大きな山車に出迎えられた。

あまりに綺麗でびっくりして、感動に打ち震えた。天界からお使いがお迎えに来たような、天国へ来てしまったような、表現のしようがない気持ちになり、声を殺して泣いた。あの感情はなんだったのだろう。

 

IMG_9751_RR

 

IMG_9750_RR

 

盛岡八幡宮のお祭りだそうだ。各地区がそれぞれ手作りで準備してきた十数台ほどの山車が、2日間にわたり街なかを練り歩いた。

山車の装飾は、地方の祭りにありがちなアニメキャラクターは皆無で、歌舞伎の一場面や歴史上の出来事・人物をモチーフにした伝統的な世界観が貫かれていた。和紙や布などの自然素材で作られているのも素晴らしい。

このお祭り、全国的にはそれほどメジャーではない。こんな盛大でかつ美しすぎるお祭りを見たの、生まれて初めてだ。

 

 

 

 

 

 

IMG_9900

 

 

IMG_9953

I love Morioka.

 


2015-09-20 | Posted in BLOG, JAPAN, TRAVELComments Closed