朝日新聞さんに取材していただきました。

朝日新聞さんに取材していただきました。
(2019年7月30日 千葉版に掲載)

↓朝日新聞デジタル記事はコチラのリンクをclick♪

千葉)東日本大震災への思いをアルバムに いすみの女性:朝日新聞デジタル

 

この記事を読んだ人から「まだ被災者(震災)を売りにしていくの?」と言われた。
震災は私にとって、過去のものではなく、現在進行形で、今も続いている。
過去、現在、未来、ぜんぶ抱きしめて生きるのが私にとって良い感じ。
そして、記事の通り「私はあの時すごく罪深いことをしてしまった」という思いと共にある。

以前は、あの時の同乗者のAさんの心情に配慮して、あまり本音を吐露するべきではないなと思っていた。
Aさんの迅速な判断が私の命を助けてくれたともいえる訳だし。
2年前、Aさんが急死し、あの出来事の生き証人は私だけとなった。すると、押し殺していた罪悪感のほうをやっぱり無視できなくなった。

この一件については、noteの「右折の恋人」という私小説に、フィクションをまじえながらできるだけ忠実に書いた。
「Aさん」とは、この後、生まれて初めてバンドらしいバンドを組むことになる。これもまた不思議な因果である。
私はAさんと、Mくんの墓参りに時々出かけた。残念ながら、バンドは1年で活動休止。バンドで歌うために作り溜めた曲でソロ活動を始めた。

せめて、震災を、津波を、原発事故を、自分の言葉で伝えていくのが私の役割のひとつだと思っている。

この国は、近い未来にまた数々の同じ間違いを犯す気満々な気がして、とても怖い。

私がずっと福島から出なかったら、今このタイミングで取材などしてもらえなかっただろう。
稲田さんは限られた文字数の中、震災に絡めて良い記事を書いてくれたと思う。

けれど、メディアはわかりやすく刺激の強い一面を捉えて広める傾向がどうしてもある。
尊敬している忌野清志郎氏が、世間から「反原発の人」みたいなイメージで括られ、彼の「そこの部分」だけではない素晴らしい音楽性が湾曲されて伝えられているのを見ると、違和感を覚えたりもする。

わかってくれるごく少数の人は、私のわかってもらいたい部分をわかってくれるはず、と勝手に信じている。
ごく少数の人にさえわかってもらえないなら、それは私がまだ未熟だからだ。

 

↑2019年9月4日(水)の東京版にも載っちゃいました(笑)。

 

 

録音機材の大したことなさがバレてしまうレコーディング風景である。
写真に写っている録音&DAW作業用iPad miniは、ヤフオクに出品していた質屋から落札した、数世代前の機種だし。
ヘッドフォンは、メルカリで入手した新古品。
マイクは、前の前のバンドの、喧嘩別れしたリーダーからのいただきもの。
新聞掲載用写真だから当然着衣姿だが、曲によっては全裸で歌っていた。

レコーディングスタジオとして使用したアパートの部屋のすぐ隣は外房線。
外房線にクロスするように、目の前は環状線。

でも、でも、結局のところ、いちばん需要なのはそこじゃない。
もちろん、機材や環境が整っているに越したことはないが。

という結論を確かめるべく、ayatopia 1st.ALBUM「1122」をぜひ、聴いていただきたい。
あんまり、震災がどうとか、考えずに、聴いてほしい。

 

↓コチラの解説もぜひ♫

ayatopia 1st.アルバム「1122」全曲解説


2019-08-02 | Posted in BLOG, MUSIC, NEWSNo Comments » 

大晦日、病み上がり地元レコ散策つれづれ。

疲れが溜まっていたという自覚はなかった。なんとなく、いつも疲れてます、そんなお年頃。
仕事とバイトとミニアルバム制作のレコーディングでなかなか気が休まらなかった12月。
年末にいわきに帰省した日の夜から体調急変し、3日間寝込んでしまった。
犬猫の毛が室内を舞う実家にこもって過ごした、無為な3日間。
ひきこもり時代を思い出す。
しかし、いすみの自宅にいても休日はほとんど外出しないし、どこに行ってもひきこもる体質のようだ。
大晦日、ようやく外出を決意したが、特に行きたい場所も思い当たらず。

気が進まないまま、リハビリを兼ねて市内のリサイクルショップへ出かけてみた。

 

レココーナーの棚を隅から隅までチェックしてから、
高くても1枚1.300円まで、合計4.500円までと決め、
トイレに行きたいのを我慢しながら、6枚をチョイス。

 

 

 

 

 

 

 

 

マッカートニーにはそれほど思い入れがないが、サイモンのほうは来日したら観に行きたい。
そういえば、ユキヒロも、サイモンも、彼らの良さを教えてくれたのは阿部さんだった。
阿部さんは熱烈なマッカートニー信者だったが、私に自分の好みを押しつけたりはしなかったな。
そういうところが阿部さんの素晴らしいところだった、と今になって思う。
アルバムが完成したら、阿部さんの仏前に届けよう。

 

 

という訳で、実家にもレコーディング用具一式を持ち込んでいる。
宇宙、世田谷、ドイツ、いすみ。いわき。
遠隔で意思疎通をはかりながらの作業である。
私1人の力では到底及ばない部分をサポートしてくださっている方々に感謝している。

 

 

 

 

 

 

ミミズク・フクロウ好きなため、こちらはジャケ買い。

 

 

 

森田童子初GET。

 

やっぱりあれとあれも買っておけば良かった……。
新春から店内全品割引セールが始まるらしいため、再度行ってみる予定である。

 

 

そして、2月2日(土)、成田ライブ。
予約制ではありませんが、来られそうな方は、私までご一報を。
素敵なプレゼントが、あるかもしれないです。

 

2019年2月2日(土)”Caravan La Barraca”@成田Jazz Bar Cloud9 のお知らせ

 


2019-01-01 | Posted in BLOG, MUSIC, RECORDSNo Comments » 

外房レコーディング。

お隣の御宿の、年季の入ったリゾートマンション10階にあるくらはしギターウクレレスクールでレコーディングをした。
以前からお願いしていたのがやっと実現した。
お願いしていたといっても、先生と曲とのフィーリングや、機材や空間との相性もあるから、実際やってみないとどうだかわからない。
とりあえず1曲だけレコーディングしてみようという気持ちで挑んだ。

先生は、過去に河村隆一や平野綾などのサポートをしていたギタリストで、伝説のエフェクター職人H氏を追いかけて御宿に移住してきたという。
さらに9月からはいすみにレコードカートリッジ職人A氏も移住してくるし、耳の良い人々が近くにいるのは心強い。

 

 

特に揉めることもなく、レコーディングはスムーズに進んだ。

私の曲に先生がギターを吹き込んだら、もうぜんぜんびっくりするほど見違えちゃって、私のボーカルも8割増しくらいに聴こえるから不思議だ。普段、自分の下手なギターやウクレレで自分の曲を演奏しているのが曲に対して申し訳なく感じた。

サビの部分に急遽ギターを追加したくなり、先生に「グワッとしたちょっとクドめの泣きのギター、誰に例えれば良いかな、そうだサンタナみたいなのをお願いします」と言うと、少し考えて本当にサンタナみたいなギターを弾いてくれた。
私はそれでバッチリだと思いOKを出したのだが、先生は「いや、ちょっとこれオヤジに偏っちゃってるよ。せっかくの曲のサビに突然オヤジのギター入ってきちゃったら曲が台無しだよ」と自分にNGを出し、しばらく考えて、「モータウン系でどうだろう」と違うフレーズを考えてくれた。
「モータウンというかクラプトンだな、これは」と言いながら、最高のギターを弾いてくれたのだった。
そして私は「泣き」のギターで本当に泣いてしまったという始末(心の中で)。

サビに語りを入れようと思っていたのだが、先生の「ダサいんじゃないの?」の一言で速攻却下した。
結果、入れなくて良かったと思う。

この日レコーディングした曲は、自分で言うのもなんだが思った以上に素晴らしい仕上がりになった。
「70年代前半の歌手のシングルB面っぽい曲ですね、すぐ消えた歌手の」なんて、自虐的に言いつつも、そこがまさに自分好みなポイントである。先生がアナログっぽい音にこだわってくれたのも良かった。
自分の溜まっていた思いがようやくこれで昇華されたような、久しぶりの満足感と至福感に浸った。

レコーディングの途中、天井を誰かがバタバタ走り回る音がした。
「走ってますね」と先生。「上に、誰も住んでないんですよ」
たまに、あるらしい。古いマンションだから、あるのかもしれない。
私は、勘が冴えていたのか、男の子の姿が見えてしまった。
その子の様子を先生に説明し、「飴か何か、甘いものを置いてあげてください」と、江原さんみたいなことを口走った。

この調子で、少しずつレコーディングしていこうと思う。

 

最近は毎日音楽をやめることばかり考えていた。
年齢的にも、時間や金銭的にも、続けるためにはますます高い志が必要になってくる。または、ゆるく続けるか。
ギター教室に通うようになって、少しは上手くなった気はするが、ギターが、ライブが、やはりどうしても苦手だ。
何年かやった上での最終結論である。
とりあえず今は、良い音源を形に残すことを目標に踏んばっている。
今の自分に「夢を追いかける」という概念はない。ひとつひとつ筋を通すことで精いっぱいな日々。
かといってあまりがんばりたくはない。
がんばっちゃうと自分の良さがなくなってしまう気がする。
がんばらない感、大事にしたい。

そんな日々の中、ほんのつかの間の「続けてきて良かった感」を味わった外房レコーディングだった。

 

9月13日(水)渋谷 喫茶SMiLE「Singin’on the bridge Vol.36」
アヤトピアは21:10~、トリで出演します。
聴きに来てね。

 

 

 

9/13(水) 渋谷・喫茶SMiLe ライブ情報


2017-09-03 | Posted in BLOG, MUSICNo Comments » 

レコーディングつれづれ。

春日部に初のレコーディングをしに行ってきた。

これまで何度かライブのサポートをしていただいている楽団エウロパの助教授氏の自宅兼スタジオにて、朝からレコーディングスタート。

ヒグちゃんと交代でレコーディング部屋に入り、作業は進められた。レコーディング部屋はクーラーなしの密室だったため、歌や演奏に集中するうちに暑さで脳がやられ、別室からマイクを通してヘッドフォンに入ってくる助教授の指示内容もだんだん理解できなくなり、時おり危険な領域へ。

 

レコーディング部屋から出るたびに箱入りガリガリ君でクールダウン。

小型のMTRかiPhoneを使った宅録しかやったことがなかったから、今回のレコーディングは目から鱗。助教授氏、やっぱりプロね。今までの自分の宅録の仕方がバカみたいに感じる。

スムーズにいけば1日で4曲くらい録れるかなと思っていたが、1曲の音録りに結局5時間ほどかかってしまった。なので、夜までに2曲がやっと。という訳で、だいたいの手順はわかった。

 

そしてヒグちゃんも、うなじと両乳に保冷剤を仕込んで灼熱レコーディング部屋に挑んだものの、やはり時間の経過とともに言葉少なに……。しかし妥協せずにベストな音を残してくれた。

第三者的に淡々と音をまとめていく助教授が今回は大変頼りになった。

帰りの運転は3回仮眠を取らないとあぶない感じだったが、心はとても充実していた。コンビニ駐車場の、仮眠中の大型トラックに挟まれ、見知らぬ地で切れぎれの眠りにつく私……。何にも代えがたい、しあわせ。完全に on top of the world な心境……。とっさの英語フレーズ頻出の”I did it !”、”I finished !”、”Awesome !”、”I made it !” をようやく使うチャンスに遭遇、自分の中で。下道を通り、夜明け前、着。
私の方は、曲中に挿入する音源制作という新たな仕事がまだ残っている。それを助教授にお渡しして曲に入れ込んだあかつきの、最終的な音の仕上がりが楽しみである。
さらにその音源をマスタリングする重要作業が控えている。最終のマスタリング如何で音の生き死にが決まってしまうという信憑性高い情報をネット検索で知った。そしてその後、音源をどういう形で配信するかは、追々考えたい。
さらにあと2~4曲くらい、レコーディングしたい気持ちがある。

 

この日、9/19(月・祝)のライブの打ち合わせもするつもりだったがぜんぜんそっちまで頭がまわらずだった。でもなんとなく構想はできているから大丈夫な気がする。

 

9.19下北沢フライヤー

9/19(月・祝)「HIGH BRICCO MEETING Vol.60」@下北沢?CCOのお知らせ

秋の夜長に、しっとりと大人の雰囲気で、BLUE NOTE TOKYO感を出していこうかいくまいか、考え中である。
初の2マン。
ご予約、お待ちしています。


2016-08-26 | Posted in BLOG, MUSICNo Comments »