5/11(金)「For My Precious!『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』」御礼☆

-For My Precious!- かけがえのない人びとへ。『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』
おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。

本当に「かけがえのない」人ばかりが集まったイベントになりました。
ありがとうございました^^。

 

思い起こせば………初めて渡辺俊美さんと2マンライブをさせていただいたのが2013年。
バンドが活動休止になり、ソロの弾き語りを始めたばかりの頃で、当然お金をもらえるようなパフォーマンスにはほど遠く……俊美さんのような方と対バン(しかも2マン)は、かなり無謀であった。なぜ断らなかったのか……謎である。
プラス、俊美さんの懐の深さ。
決めたからにはやるしかないと、自分なりに必死だった。
結果的に、緊張しすぎてライブはボロボロ。上手くできず、落ち込んだ。
あまりのプレッシャーで痔瘻になった。

また、会場のギャラリー創芸工房さんはライブイベントを開催すること自体初めてだったが、これを機にビュッフェスタイルのライブイベントを不定期的で開催するようになり、たぶんもう8回くらい開催している。

 

home party in home 鈴木さんのお家でライブvol.1はおかげさまで

 

”鈴木さんのお家でライブ vol.1”終了!&翌日

 

あれから5年。
私は千葉県いすみ市へ引っ越した。
いすみで初めての自分のライブを、今回もまた俊美さんとの2マンで開催させていただくことになった。
そして会場はまたもや、本格的なライブイベントは今回初めてだという、カフェgreen+さん。
牧歌的な立地に、とても清潔感のある素敵な店内。美味しくて体にやさしい自然食。優しいオーナーご夫妻と、かわいい子どもたち。
創芸工房さんと、重なるものもある。
この流れだと、第2回目もあるような気がする。

photo by M.Kusahara

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友だち少ない私だが、たくさんの方にお集まりいただき、ありがたかった。
普段お世話になっている方々に、私の音楽活動をお見せする良い機会にもなった。
昼間の顔とは別人のような私の歌う姿にギョッとした方もいたようだ。

チケット代を”ドネーション”ということで多めに支払ってくれたり、俊美さんと私やスタッフのみんなのまかない代を置いていってくれたり、ライブ中みんながお腹すかないようにと、畑で穫ったばかりの山ほどのそら豆を提供してくれたり、神奈川や埼玉から来てくれた方がいたり、今回もそんなやさしさに支えられた。

無事にライブを終えることができて、本当に感謝です。

 

 

photo by 私

俊美さんのライブは……もちろん最高であった。
私が言うのもおこがましいが、魂の込もったパフォーマンス、さすがだった。

 

今回はピアニカで、初めてセッションみたいなのをさせていただいた。
「『夜の森』をピアニカで一緒にやらせてください」とは伝えてあったのだが、当日俊美さんの無茶ブリで他の数曲も実現。
音外しまくりで、無駄に弾きすぎたりで、どうなのよ?って感じもあったが、そんなこと関係なく、楽しくて仕方なく、ずっと弾いていたかった。

 

 

photo by Siiba君

5年前の時よりは自分の相撲が取れた実感がある。5年前よりは……。
やめずに続けてきたのは、私にしては立派だなと思う。
せっかくなのでもっと良い曲を作りたい。質の高い演奏をしたい。

 

 

 

まかない飯、おいしかったな。

 

 

 

スタッフをしてくれたお仲間3人と、俊美さん。
どうもありがとう。

俊美さん、アクアラインで海を渡り、房総半島の向こう側~外房の果ての地まで来てくださり、本当にありがとうございました。
また来てください♪お待ちしています♬

 

 

↓”500マイル” 清志郎ver. 当日いきなりの無茶ブリセッション、一緒に演奏させていただけて至福&最高動画

 

 

↓”さようなら私たち” byアヤトピア

“さようなら私たち” #アヤトピア

ayatopiaさん(@ayatopia)がシェアした投稿 –

 

イベント後数日、嘘みたいな抜け殻状態であった。
ちょっと充電ののち、また復活予定。

 

 

※後日加筆修正します。


2018-05-16 | Posted in BLOG, LIVE, MUSIC, NEWSNo Comments » 

全プレつれづれその2。

-For My Precious!- かけがえのない人びとへ。
『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』

いよいよ今週末!!あっという間!!

↓  ↓  ↓ イベント詳細はコチラから

 

5/11(金)「For My Precious!『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』」のお知らせ

 

 

「ご来場者全プレ」の「ALLメイドイン・いすみセット」、おかげさまで整いました。

 

 

いい感じに染まった

 

 

そして、今年も藍の種蒔きしました。

 

 

おすそ分け綿花の種パックもできました
育て方ガイドつき 。
5月がちょうど蒔き時‍。
種とり手伝ってくれた皆さんありがとう

 

綿花も、植えました。
今年は直蒔きと苗植え、両方試してみた。

 

 

無事に育ってね。

 

 

 

いすみ産ミニ竹かご(by Co-michi)も、完成
こみっちゃんありがとう!
かなりイイ感じじゃないか

 

 

編み方だんだん上手になってるし……。
ほんとありがとう。

 

 

いすみの愛(藍)が詰まっています。

 

 

 

そして、いわきからも。

 

 

会場BGMをいわきのBodyboarder、EMOTION吉田さんのイメージで、おまかせで作ってもらった
ジャケデザインまでありがとうございます♪
選曲は秘密にしておこう

私だったらぜったい選ばない、というか、知らない曲ばかり(笑)
だから良いのだ。

 

 

受付係、写真係、ビデオ係、盛り上げ係その他の係の皆さまも、よろしくお願いします♪
楽しい夜にしましょう♪

それでは、会場でお待ちしています!!

 

 

 

-For My Precious!- かけがえのない人びとへ。
『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』

日時
2018年511日()
OPEN18:00~ START18:30

料金
2.000円+1DRINK
(小学生以下ドリンク代のみ。乳児は無料)

30名様限定 要予約

会場
green+」 (千葉県いすみ市岬町井沢300-1)
・カーナビには、実際の住所とは違いますが『井沢222』と入力してください。)
TEL&FAX 0470-80-3326 http://greenplus-boso.com
※店向かいに駐車場あり。住宅地のため、店外では騒音などご配慮をお願いいたします。

 

 

ご予約は
info@ayatopia.blue
または
CONTACT
からどうぞ♪

↓  ↓  ↓ イベント詳細はコチラから

5/11(金)「For My Precious!『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』」のお知らせ


2018-05-07 | Posted in AGRICULTURE, BLOG, LIVE, ART, MUSIC, SCHEDULE, DESIGN, NEWS, WORKNo Comments » 

全プレつれづれ。

5/11(金)のライブイベント「For My Precious!『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』inいすみ」来場者全員プレゼントの準備もちょっとずつ進めている。ライブの練習よりもこっちの手配で忙しい。

 

自分主催のイベントをやる時はお土産を配りがちである。

↓例えばこんな風に。

「鈴木さんのお家でライブvol.7 それぞれの3.11」御礼。

福ぐるみストラップ、つくっています。

 

 

 

今回は強力な助っ人、竹細工職人修業中のko-michiがいすみ産の竹で竹細工(「四海波」という編み方の竹かご)を作ってくれている。
修業中ということで、竹細工の出来については大目にみてあげてほしい。
でも上手だよ!

 

 

 

昨年、いすみ産の藍を栽培&収穫したので、せっかくだからその藍を使って藍染のミニハンカチをみなさんにプレゼントしたい(ほんとにミニサイズのため期待しすぎぬよう)。
先日、いわきにて、宮城県丸森の伝統藍染名工・八巻氏から、藍染ノウハウを、ほんのうわずみ部分ではあるが教わってきた。

 

 

 

そして綿花……。
チーズ工房IKAGAWAさんの納屋に眠っていた綿の種とり機をご厚意でお借りし、松丸のTさんとお友達がそれを使えるように修繕してくれた。
また、仕事仲間にも手作業で種とりに協力していただき、とりあえず種まき&全プレ用の種は確保できた。

 

 

無事、第1回種まきを終えた。
昨年の反省を踏まえ、今年はポット播き。
直播きは実験的に1畝だけにしてみた。
すくすく育ちますように……。

 

 

↓引き続き、ご予約、承り中です。
よろしくどうぞ♪

5/11(金)「For My Precious!『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』」のお知らせ


2018-04-11 | Posted in AGRICULTURE, BLOG, LIVE, MUSIC, SCHEDULE, NEWS, WORKNo Comments » 

もう春だね

春になるとHysteric Blueの青い人を思い出す。

曲に罪はなし。

 

 

Kuashara氏と助手さんと、写真&MVのテスト撮影で市内に出かけた。
Kusahara氏もだんだんと腕を上げてきたようで、テストとはいえ、なかなか面白い写真が撮れた。

photo by M.Kusahara

 

こんなに春らしい春を味わったのは今年が初めてかもしれない。

去年の夏のはじめはものすごい数の蛍の大群を目の当たりにして夏のはじまりを味わった。
ずっと東北の田舎に住んでいたけれど、比較的温暖なこの地域の、自然の独特なのびやかさには感動すらおぼえる。

 

 

いすみ市内の高秀牧場にて。

 

 

 

牧場夫妻に許可をいただいての夜間撮影。
なんだかんだてっぺん近くまでかかった。

 

 

 

札森の桜街道。

 

 

まだちょっと寒かったけど、もう春だ。


2018-04-02 | Posted in BLOG, ART, WORK2 Comments » 

5/11(金)「For My Precious!『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』」のお知らせ


2018.5.11(金)渡辺俊美+アヤトピアLIVE in いすみ

 

-For My Precious!- かけがえのない人びとへ。
『渡辺俊美 & アヤトピア LIVE at green+』

日時
2018年511日()
OPEN18:00~ START18:30

料金
2.000円+1DRINK
(小学生以下ドリンク代のみ。乳児は無料)

30名様限定 要予約

会場
green+」 (千葉県いすみ市岬町井沢300-1)
・カーナビには、実際の住所とは違いますが『井沢222』と入力してください。)
TEL&FAX 0470-80-3326 http://greenplus-boso.com
※店向かいに駐車場あり。住宅地のため、店外では騒音などご配慮をお願いいたします。
会場が狭いため、席数に限りがあります。
多めに椅子をご用意いたしますが、場合によっては立ち見となることをご了承ください。

 

 

 ご来場者全員に
☆ALLメイドイン・いすみセット プレゼント!!
・ko-michi☆製「四海波」編み ミニ竹かご
・藍染めのミニハンカチ
・綿の種(育て方のしおり付)
※内容は変更の場合があります

 

ライブのご予約方法
メールinfo@ayatopia.blue、またはこのHPの「CONTACT」ページからお申し込みください。
メッセージにお名前メールアドレス電話番号人数をお書き添え願います。
小学生以下のお子様を含む場合、その人数もお知らせください
(こちらから必ず返信いたします。数日経っても返信メールが届かない時は、恐れ入りますが、ご確認の上、再度送信してください。)
なお、やむを得ずご予約をキャンセルされる場合はお早めに連絡をいただけるとありがたいです。

 

出演
渡辺俊美(わたなべ としみ)
福島県川内村生まれ、富岡町育ち。高校時代は剣道で福島県代表としてインターハイ・国体に出場。大学進学に伴い上京。原宿のラフォーレでアパレルを営み、 後に自身のファッションブランド「DOARAT」 を設立。
90年代初頭、TOKYO No.1 SOUL SETのボーカル&ギタリストとして活動をスタート。 TOKYO No.1 SOUL SETの活動と平行して、自分のソロ・ユニットTHE ZOOT16を2000年から始動。2009年福島県人バンド「猪苗代湖ズ」を結成、Bass担当として活動。2011年にはNHK紅白歌合戦に出場。
2014年にエッセイ本「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を発表し、ベストセラーに。翌年には NHK BS プレミアムでドラマ化。その後、小学館より月刊「ヒバナ」でも同作品のコミックが掲載され、ビッグコミックスよりコミック化。2016年、大根仁監督、福山雅治主演映画「SCOOP」 の主題歌を担当。さらに、東日本震災から5年。震災復興の活動で大空に飛ぶ花と復興への想いを表現した ANA「東北 FLOWER JET オリジナルソング」の作詞・作曲を手掛ける。2017年、映画「パパのお弁当は世界一」でパパ役で主演。 俳優デビューをする。
渡辺俊美公式サイト(http://www.watanabetoshimi.com)

 

アヤトピア
福島県いわき市出身。日常のささいな思いをぼそぼそっと歌にする、背徳の四畳半フォークシンガー。地元いわきにて新聞配達、飲食業、建築設計、保育、農業、地図作成員、福祉職など様々な仕事を経験。2011年、モダンフォークトリオ「ミディアムトレンチ」の「最中小豆」として作詞・作曲、ヴォーカルを担当するが2013年に活動休止。その後、ソロユニット「アヤトピア」名義でギター、ウクレレ弾き語りのライブ活動を始め、都内を中心にライブ活動を続ける。2016年にいわきからいすみに移住。150坪ほどの畑を借り、綿花栽培に夢中。


2018-03-11 | Posted in BLOG, LIVE, MUSIC, SCHEDULE, NEWS2 Comments » 

師走のカメラ日和。

 

久しぶりの撮影。

 

 

通称・星空☆おじさん、M.Kusahara氏の過密スケジュールの合間をぬっての撮影だった。
撮影機材が以前の撮影の時よりグレードアップしていて、撮られがいがあった。

 

 

 

ずっしりと重いカメラ。

 

 

 

にゃん。

 

 

 

実家にいた時は重すぎてぜったい着なかったママ手編みのニットを着てみた。

 

 

 

去年の今頃は星空☆おじさんと「森になる」のMV撮影をしていた。
あの頃はまだいすみに引っ越してきたばかりで土地勘もほとんどなく、知り合いも少なかったのを思い出す。

 

 

『森になる』MV
art direction by K.Matsunaga、camera by M.Kusahara

 

 

そして「眠ラヌ姫」。前途多難。無我夢中だった。

 

『眠ラヌ姫』MV
art direction by ayatopia、camera by M.Kusahara
produce by pikiyo studio

 

 

 

夜はカメラのテスト撮影で市内の海岸へ。

 

寒い夜だった。その分星がスゴかった。

 

 

なんて壮大。
南国の離島のようだ。サイパンっぽい。
肉感的な水着のグラビアが似合いそうなライティング。
夜の撮影はまたあらためて。

 

 

 

せっかく良い写真撮っていただいたし、ライブ、がんばります。
久しぶりに楽団エウロパのヒグちゃんが数曲スティールパンのサポート入ってくれるよ。

 

2018/1/14(日)HIGH BRIDGE GOES TO AKASAKA “アカブリ Vol.51″☆THE SHINNENKAI@赤坂グラフィティのお知らせ


2017-12-15 | Posted in BLOG, ART, MUSIC, WORK, YOUTUBENo Comments » 

1年。

@大原海水浴場。

 

せっせと木っ端を集め、燃やしている男性がいた。
感心して「ご苦労様です~。ボランティアで流木を燃やす作業をしているんですか?」と尋ねると、
男性は「いや、遊びで燃やしてんのよ、楽しいから」と……。

 

 

いすみっぽい。

 

 

引っ越してから1年が経った。

1年も経ってしまったなんて、信じられない。
あっという間すぎた。

10代20代だったら「環境を変えて1人暮らしを始めてから大きく成長した」としみじみ実感するのだろうが、あいにく私はもう若くない。
人格もある程度出来上がってしまっている。
はっきりわかったのは、「お家が好きで、地味に家事が好きで、1人でぼーっと過ごす時間が好き」ということである。
それもあらためて「確認できた」というだけであって、私自身は何も変わっていないと思う。

今までも、そうだった。

ある学年の時はクラスのナンバーワンの花形キャラだったが、ある学年に進級すると人扱いされないくらいのひどいいじめに遭い、さらに学年が変わりクラスが変わると今度はまた人気者になる、というのが繰り返された。
私自身は変わっていないのに。
周りの見方が変わっただけ。
どこか冷ややかに周りを見ていた。

 

こちらに来てから、嫌な人に遭遇したり嫌な思いをすることが不思議とない(忘れたのかもだが)。
ストレスが激減したのは確かだ。
モヤモヤと悩むことが減った分、他のことを考える時間にあてることができた気がする。
不安に駆られ、無理にどこかのコミュニティに顔出しして人との関係性を保ったりすることもなくなった。
かといって仲間外れにされたり孤立無援になるでもなく、誰かに会いたいな、寂しいなと思えば声をかけられる人が周りにいる(とはいえ休日はほとんど出かけることもなかった)。
自分に無理のない程度のちょうど良い距離感で人と付き合えるのが心地良い。
ここは想像していた以上に自然が豊かでのびのびと勢いがあり、人と人との間に自然が挟まれている感じで、環境のバランスが良いのかもしれない。

こちらに来てから、1人で過ごす時間がますます増えた。
とはいえ、新しい知り合いや、魅力的な友人も増えた。
出会う人々のカラーは、いわきにいた時と明らかに変わったと思う。
とにかく、居心地が良い。
こんな私でも面白がっておおらかに受け入れてくれる土壌がある。
応援してもらって、助けられて。
それでとても救われた。
この土地の人々の素朴なやさしさに本当に感謝している。
おかげで、がんばろうという気持ちにもなれた。

 

 

 

やさしい土地柄に甘えてしまい、楽しく過ごせたのは確かだが、密かに、人知れず「試練」みたいなものもあり、それも含め総括すると、「自己確認」の1年だった。

次の1年は、何かしら「形」にできたらいいなと思います。

変わらない自分でありながらも、もっと成長したい。
と、思う次第。

 

そしてそして、自分にとってこれ以上の幸せはないってくらいの幸せが、今、確実に訪れようとしているのではないか……?たぶん。
ドタキャン的なものはさんざん味わってきたんだから、せめて今回ぐらいはいいでしょう?神様仏様。な心境。
ここ数日うれしさのあまり興奮して眠れなくて、昨日は金縛りにあい、夢に本当に仏様が出てきた。
クールダウンするのももったいないくらいうれしい。


2017-10-03 | Posted in BLOGNo Comments » 

綿が弾けるつれづれ。

台風も無事乗り越え、綿花畑。

 

松丸②号綿花畑。
奈良から種を取り寄せた綿花は台風でだいぶ斜めに傾いてしまったが、幸い茎が折れずに済んだ。
Kさんから譲っていただいた綿花のほうは見た目も丈夫で、ほとんど影響なしだった。

 

 

そして綿の実が弾け始まっている。
こちらは日在の綿花①号畑。

 

 

綿がどんどん弾けていく。
草取り作業はようやく落ち着いたが、これからは綿収穫のシーズン。
綿が雨にあたる前にこまめに収穫しないといけない。

 

 

松丸の畑の、藍の花が咲いた。

 

 

収穫した藍の葉は、カラカラに干して保管。

 

 

松丸の綿花畑のお隣さん、Oさんの育てていたゴマはすでに収穫済み。
干してから、ゴミを取り除くのが大変らしい。

 

 

はちきれんばかりの綿の実。
かわいくて仕方なし。

 

 

週末、母と犬のベスが来ていた。
「畑を見たい」と言うので連れてきた。

 

 

綿の収穫を手伝ってもらった。

 

 

日在の畑がいちばん綿フィーバー中。

今までは、「枯らさないように、無事に綿ができるように」ってことだけで精一杯だったが、今後は収穫した綿をどう生かしていくかを考える必要ありだ。
それも楽しい作業。

糸にして、織って、布にしたいとは思っている。

 

 

東小高の綿花③号畑。
綿はまだこれからという感じ。
厳しい環境ながら、よく育っている。

 

 

松丸の古代米の前でベスと。

 

 

 

 

ベス♀と寝る幸せ。

 

 

近所の農協に突如出現した人形が怖い。

 

 

「外房のオシャレなカフェに行きたい」と母が言うので、迷わず連れて行った「クインズケーキ」。
あまり教えたくない、私のお気に入りの隠れ家的スポット。
ケーキに使われている生クリームがとてもおいしい。
コーヒーも安い。
宗教団体が経営しているため乳製品等の原材料コストにさほどシビアでないのがおいしい理由ではないかと勝手な推測。

 

この連休中の朝食は睦沢の「バン・ド・ナル」のパンだった。
いわきのパン屋のレベルも高いのだが、こちらにもおいしいパン屋がある。

 

 

 

 

チーズ工房IKAGAWAのバターとチーズ、旨し。
料理の隠し味でこのバターを使うというテクニックを覚えた。
キティちゃんのマグカップが最近のお気に入りだが、こうしてみるとあまり写真映えしない。

 

 

「大原はだか祭り」のクライマックス、「汐ふみ」を観てきた。
去年の今頃のことを思い出し、感慨深かった。
去年の今頃はまだいすみ市内で物件探しをしていた。

 

 

この地域のこの時期の祭りの多さと熱心さは異常だ(良い意味で)。
祭りを大事にする気概に風土の豊かさを感じる。

 

何もわからず、なんのつてもなく引っ越してきてしまったが、良いところで本当に良かったなと思う。


2017-09-26 | Posted in AGRICULTURE, BLOG, WORKNo Comments » 

綿花その他、一連の丁寧な暮らし関連、つれづれ。

綿花畑②号、松丸。順調。
Tさんとの二人三脚感がますます強まっている。

 

 

過保護Tさんが畑の草刈りを手伝ってくれた。
助かる。

 

 

藍の勢いが増してきた。
初めのうちはひょろひょろ頼りなかったのがこんなになるなんて。

 

 

綿の実も続々膨らんできた。

 

 

綿花畑③号、東小高。
熱中症注意。

私が畑に行けない時にいつも代わりに水やりしてくれるKさんのパッションフルーツにせめてもの水やり。

 

 

綿花畑①号、日在。
摘芯しなかったら、草丈がこんなに伸びた。

 

 

 

Tさんの家の葡萄。
なんて美しい。
Tさん、「今年の葡萄は失敗だ」を連呼。
「かなり甘くて美味しいですよ?」と言っても、「いや、ダメだ、なんの手入れもしなかったし、もっと寒暖の差がないとダメなんだ、失敗だった」を連呼。

 

 

そう言いつつ、自称・失敗葡萄を少し分けてくれた。
リアル果汁グミって感じの味の濃さで、相当美味しかった。

 

 

夏の終わりかけの太東ビーチ。
今年は入らずに終わってしまったな。

 

 

大原の花火大会。
家の前から観賞。
悲しくて落ち込んでいた時に撮ったから、花火が涙に見える。

 

 

近所のスーパーに、福島のもも。

 

 

隣町、御宿のビーチが大好き。
時々ちょっと目を細め、ここはワイキキビーチだと思いながら眺めている。

 

 

最近はなるべく鶏肉を食べるようにしている。
牛肉は月イチくらいで良いだろう。
近所のJAの直売所で売られている漬物がお気に入り。
値段も良心的。

 

 

簡易な朝ごはん。

左の皿、久しぶりに使ってみた。
震災前にギャラリー創芸工房で購入した、浪江の陶芸家、亀田大介さんのもの。
当時、亀田さんとはケヅメリクガメ愛好家友だちでもあった。奥さんが文さんといって、私と同じ名前なのも奇遇だった。
亀田さんのリクガメは原発事故の時そのまま行方不明に。今でも胸が痛む。
亀田さんはその後関東→大分に窯を移し、現在もご活躍。

 

 

 

↓ライブのお知らせです。

 

Singin’on the bridge Vol.36

2017年9月13日(水)

開場 19:00 / 開演 19:30

場所 渋谷 喫茶SMiLE(03-6416-3998) Facebookページ  Twitter
   宇田川町11-11柳光ビル3F

料金 2000円 (+1DR)

出演 宮崎悟、リリィ、アヤトピア

DJ  hb

 

今回はギターにウクレレその他荷物がかさばるので車で渋谷まで行ってみようかな。
でも、車で行くとお酒は飲めないな。
一方通行が多いらしいので、不安である。

ご予約は、私までどうぞ。

お待ちしています。


2017-08-28 | Posted in AGRICULTURE, BLOG, WORKNo Comments » 

TOPページアー写、リニューアルしました。

HPのTOPページアーティスト写真をリニューアルしました。
撮影は通称・星空☆おじさん、M.Kusahara氏。
たくさん撮ったのでこまめに写真入れ替えていきます。

 

星空☆おじさんが写り込んでいる。

 

撮るほうも撮られるほうも、試行錯誤でお勉強しながらの撮影でした。

今回は生活感丸出しでお願いしました。

 

梨をむいたりしました。

 

 

初物のいすみ梨。
今年は雨不足で小ぶりらしい。

 

 

どうぞ。

 

 

 

風呂洗いました。

ソープ嬢じゃないよ。

 

 

飯を作りました。

 

 

実家にいた頃は、私が手伝う隙もないほど母親が手早く美味しい料理を作れる人だったため、台所に女は2人いらないって感じで、私は米も研がず包丁も握らず女だった。
1人暮らしを始めて10ケ月、ようやくお客さんにご飯をふるまえるまでになった。
昔から密かに栗原はるみみたいなのに憧れていたので感慨ひとしお。
お料理に、畑にと、やりたかったことをひとつひとつ叶えていく日々は、地味ながらドリームズカムズトゥルーである。

 

 

昨日のふるまい飯。
困った時の焼きビーフン。

 

 

 

小芝居多めな撮影、たくさん笑いました。

 

8月11日(金・祝)club SONIC Iwakiで開催される「風とロック芋煮会2017 ACO ONE GRAND-PRIX」予選に出場します 🙂 。
10:30開場、11:00開演 1.000円+DRです。予約不要。
良かったら応援に来てください。

8月11日(金・祝)club SONIC Iwaki「ACO ONE GRAND-PRIX」予選に出場します。

 

また、詳細未定ですが、

9月13日(水)、渋谷 喫茶SMiLESingin’on the bridge Vol.36に出演予定です。

どちらもよろしくお願いします。

 

 


2017-08-08 | Posted in BLOG, LIVE, MUSIC, SCHEDULE, NEWSNo Comments » 

ワラサつれづれ。

大原漁港で毎週開催されている「港の朝市」を時々手伝いに行っている。

 

ワラサが揚がった。

ワラサ?
ワ、ワラサって、なんだっけ……?
恥ずかしながら、初めて聞く名前だ。
けど、おいしそう。

 

 

朝市のスタッフY氏が、残ったワラサを「持っていきなよ」と、業者さんに頼んで捌いてくれた。
しかも店じまいの片付け中の魚屋さんに丁寧にパッキングまでしていただき。
作業でお忙しい中、ありがたし。

 

「その日に食べても味が淡泊すぎて美味しくないからね。白身がだんだん赤くなってくるから、身を包むキッチンペーパーを毎日取り換えて、様子を見ながら3~4日熟成させるの。腐る前のギリギリのあたりが脂が乗って旨みが出るからね」
と、スタッフY氏に念を押された。

 

帰宅後、「ワラサ」をそっとWikipediaで調べてみた。
→出世魚とは

なるほど、初めて聞く名前なのも、やむを得ない。

関東では、ワカシ→イナダ→ワラサ→ ブリと呼ぶ。
東北では、ツベ→イナダ→アオ→ブリになる。

つまり、ブリなのね。

 

 

Y氏の念押しを忠実に守った私。
3日目のワラサ。初日より格段に美味しそうに見える。

 

 

ワラサ熟成3日目は、友人を招いてワラサのカルパッチョとワラサの味噌汁でランチ。
そりゃ美味しいに決まってた。

 

 

出すの忘れていた、冷奴。すまなかった。

 

 

こちらにいると、いろいろいただく。
初めていただいたウリ。
どうやって食べたらいいかわからなかった。

 

 

熟成5日目のワラサは刺身とカルパッチョに。
ウリは、手作り塩麴に漬けてみたら美味。

 

 

この照り。
生の切身を5日も寝かせといて大丈夫なのか?と、おそるおそる食してみたが、まったく問題なしどころかワラサの奥深い旨みを堪能。
これは大変贅沢。
ごちそうさまでした。

 

 

梨は地元いわきも有名ですが、いすみの初梨もこれまた旨し。


2017-08-04 | Posted in BLOGNo Comments » 

7月、綿花振り返り。

こんにちは。綿の精です。

 

 

 

松丸の綿花、だいぶ育ってきた。
といっても、種をまいたのが通常より少し遅かったためか、丈は低め(20~40cmほど)。
市内3ヶ所の畑とも、草丈に関係なく7月中旬~開花が始まっている。
ということは、やはり適期を見据えて種まきをしないとあとあとの収穫量が減ってしまうということだろう。

 

 

綿花(和綿)の花は黄色だけだと思っていたが、予想以上にカラフルで驚いた。

 

 

クリスマスローズに似ている。観賞用としても楽しめる。

 

 

こんなにピンクピンクしているなんて。

 

 

まるでモッコウバラのようだ。

 

 

試行錯誤だった日在の畑は種まきがいちばん早かったためか、無事に枯れずに育った株は最も高いもので草丈が80c mほどになった。
私がかつて地元で携わっていた綿花の生育の過程にだいたいイメージが重なってきて、ここまでくると安心する。
しかし土壌が砂質で柔らかいため、台風一発で株が倒れる危険性大だ。
育ちの良い株は摘芯するべきかこのまま伸ばしっ放しにするか迷う。

 

 

草取りも佳境。
ついがんばりすぎてバテてしまう。

 

 

松丸の綿花畑の隣で育てている藍(タデアイ)。
最近、あまりに雨が降らなすぎて葉の一部がカラカラに枯れ始まり、普段「畑に水まきなんかする奴がいるか」と言っていたTおじさんも心配して私が畑に行けない時に水まきをしてくれていたようだ。
おかげ様で、連日の日照りをなんとか乗り切ってくれた。
藍は雑草の一種なのでほったらかしで平気だと思っていたが、あまりに強い日差しは苦手で、水分もある程度は与えてあげる必要がありそうだ。
来年再び畑をやる機会があれば、さらに栽培面積を広げてみたい。

 

 

摘芯を兼ねて、藍の葉を一部収穫してみた。
あとで調べたらもっとざっくり深めに刈り込んでしまって良かったようだ。
生葉で染色する場合はここから葉を揉んだり水洗いしたりする必要があるが、とりあえず日陰で乾燥、保存しておくとしよう。

 

 

紅花は、育て方と収穫のタイミングを完全に見誤った。
まず花の収穫量、これじゃお話にならない。
脇芽が横に広がって花芽がたくさんつくと勘違いしていた。
もっとぎゅうぎゅうに植え込むべきだった。
種が結構お高くて、まいた種の数が少なかったのも失敗要因。
今回の紅花は種収穫用としたい。

 

 

松丸、お隣のOさんの遅まき大豆の芽。
かわいい。
鳩に喰われませんように……。


2017-08-03 | Posted in AGRICULTURE, BLOG, WORKNo Comments » 

草々花々つれづれ。

畑関係報告。

 

松丸の畑②号。
たった数日で畑、緑化。
草取りとの闘い。

この時期の日中の屋外作業は身の危険を感じる。
……畑で倒れている身元不明の中年女性が、朝方田んぼを見回りに来た近隣の老人に発見されました。着衣に乱れはなく、農作業中に熱中症で意識を失ったものと思われます。すでに呼吸はしておらず……現在病院で……とならないよう注意したい。

 

 

畑を管理してるTおじさんに、「実は、あんたに畑は無理だろうし作物も育たないだろうと思ってた」と今さら告白された。
「だから、農作物を育てて収穫する喜びをなんとか味わわせてやりたいと思ってさ」と、Tさん。
親切。
ありがたい。

 

 

庭先で種から育てていた紅花のポット苗をひと畝分植えるだけだったのに、Tさん自宅から耕運機を軽トラに積んで持ってきて、植える場所を丁寧にうなってくれた。
過保護。
ありがたい。

 

 

私が苗を植えている間、Tさんは畑の草取りをしてくれていた。

農家さん的には、自分の管理している畑が草ボーボーだと近隣の人目について恥ずかしい、という感覚があるようだ。
私自身はそんなに恥ずかしくはないのだが、やはり気をつけたいところだ。

 

 

芽が枯れて畝に空きができた箇所に、自宅で育てていた綿花のポット苗をあらたに補充した。

 

 

時期的には1ヶ月遅い植え付けだが、なんとかなるだろう。

 

 

日在の畑①号も、苗を補充。新旧合わせて60株を育成中。

 

 

ここはかなり心配要素ありな畑だったが、一部の苗は元気に育っている。

 

 

東小高の畑③号も苗補充。
3つの畑の中で種まきがいちばん遅かったのと、過酷な環境のため育ちは遅い。
しかしそれなりに育ってくれたらそれで良い。
特に肥料もあげないつもりだ。

同僚のKさんが休日に水やりしてくれた。とても助かる。

 

 

両手にペットボトルを持っている人を見ると条件反射でショーケンを思い出させる(動画35分あたりから)。

 

別の地域は洪水で大変なことになっているが、こちらはもう少し雨がほしいところだ。

灯台もと暗しで、庭の紫バジルが水不足で枯れてしまったではないか。

 

しかしながら、小さな庭で毎日何かしらは収穫できるので家計が助かる。

 

 

そして近所の直売所でまた苗を購入。

 

 

早速植えた。

悲しいこと、報われないこと、やるせないこと……怒り……。
土や草花と向き合っていると、不思議と楽しくない感情ばかりどんどん噴き出してきて、自分でも受けとめきれなくなる時がある。
と同時に、花を愛でちゃったりして、私、心の余裕、まだあるなと確認できるのが「園芸」という作業でもある。

 

 

 

そしてそして日曜日の早朝、日照り続きのため水やりに松丸の畑へ向かった。

 

あれっ?!草がない!!びっくり仰天!!
こ、小人さんが草取りやってくれたのかなっ?!

 

 

藍と紅花(右奥)も、なんだろうこのスッキリ感。
手入れ、してくれたのね。

 

 

朝日を浴びて輝く綿花畑にうっとりとしてしまった。
(1枚目の写真と見比べてほしい)

これはきっと追肥までしてくれてるな……。
Tさんありがとう。


2017-07-03 | Posted in AGRICULTURE, BLOG, WORKNo Comments » 

GWは畑なの。

GW中にマイ畑の畝立て種まきその他を終わらせないと、とやや焦っている。

できたばかりの曲のDEMOを車内で聴きながら畑に向かう贅沢ったらない。
眠ラヌ姫DEMO、良かったらお聴きください。制作秘話は後日に。

 

おかげさまで畝立てはほぼ終わった。
松丸地区は開けた地形で、静か&美しいところ。
頭の中でビョークが流れていたわ。

 

ヒューマンッビヘイビォアーーー。

 

次、種まき。
前日水に漬けておいた綿花の種をまく作業。
1日がかりであった。

 

光に反応して発芽するため、土は薄くかぶせる程度で良いらしい。

先日お隣の古民家の敷地で行われた竹林伐採&竹炭作り作業でいただいた竹炭を畑にまいた。

近所のおじさんの話によると、鳩が発芽した芽をほじくって食べてしまうらしい。
そして、野ウサギも。ウサギか……かわいいだろうな。
鳩に芽を食べられたらがっかりすぎるので、対策を教えてもらった。
「網をかける」のがいちばん間違いないとのこと。
「コメリ」で見てきたら、200mのロール網は給料日前の自分にとっては結構なお値段だった。
ちょっと無理、ということで、もう1つの対策法、「テグス」作戦を選んだ。

 

鳩対策な日。
1日作業だった。
熱中症に気をつけなくてはならない。
今日もちょっと危なかった。

竹を切って畝の両隅に立て、近所のおっちゃんにもらったテグスを張っていく。
「縦横無尽に」とのワンポイントアドバイス通り、自分が絡まって転びそうになるくらいテグスを張りめぐらせた。
うまくいけば、羽根がテグスに絡まるのを嫌がって鳩が立ち寄らなくなるのだとか。
鳩さん、すいませんがこの畑はどうかご遠慮ください。

 

藍の種もまいておいた。

日在の畑1号では、まいた藍がぜんぜん発芽する様子がない。紅花に先越されてる。
雑草みたいに生命力あるイメージだったから意外。そして心配だ。

 

日在では、ぽつぽつと綿花の芽が出始めていた。なんてかわいい。
しかしまだまだ油断ならない。

 

 

自分メモ

日在の畑1号の面積→10×4.5m。PH7。苦土石灰5kg、鶏糞7kgを入れた。
松丸の畑2号→16.5×20m。PH7.8。竹炭、もみ殻燻炭を表面にまく。

発芽目安→1週間くらいから。

 

ワンクリック投票まだまだ受け付けています(5/8まで)!!
よろしくお願いします。

↓ ↓ アヤトピアのページはこちら

RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 予選通過アーティスト アヤトピア

 


2017-05-05 | Posted in AGRICULTURE, BLOG, WORKNo Comments » 
1 / 212