松田松雄没後15年「松田松雄展 -白への回帰-」開催のお知らせ

↑clickしてさらに拡大

久しぶりの更新なのに自分じゃなくてチチ展のお知らせなのが複雑だが、お知らせしておこう。

松田松雄没後15年
松田松雄展 -白への回帰-
2016/11/19(土)~12/4(日)
10:30~18:00 月曜日休館 入館無料

アートスペースエリコーナ
いわき市平大町10-3
お問い合わせ  info@elicona.com TEL.0246-24-0004
http://elicona.com/

昨年開催された岩手県立美術館「松田松雄展」を観逃した方、会場で展示されていた作品を再度じっくりいわきで鑑賞したい方もぜひ。
小品もあわせてお楽しみください。
どうぞよろしくお願いいたします。

また、
いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」公式プログラム第一弾として、
12/23(日)にアートスペースエリコーナにて「いわきの現代美術の系譜」というイベントが開催されます。

https://www.facebook.com/events/1669173296636771/

↓facebookページから抜粋
玄玄天2016公式プログラムの第一弾!

今年は「伝えていく」玄玄天。
陸前高田に生まれ、いわきで活躍した
本展の参加作家でもある画家・松田松雄を切り口に、
当時を知るゲストスピーカーに
いわき現代美術黎明期を語っていただきます。
————————–
日時:10/23(日) 14:00〜17:00(13:30開場)
場所:アートスペースエリコーナ(定員100名)
   いわき市平大町10-3
料金:1000円(玄玄天パスポートが使えます)
申込受付窓口:特定非営利活動法人Wunderground
申込先:fax 024-505-4240
申込先:mail gengenten@gmail.com
問合せ先:tel 090-9538-5804
<登壇者>
吉田 隆治、田辺 碩声、佐々木 吉晴、峰丘、上遠野 良夫、吉田 重信
<概要>
いまからちょうど40年前、このいわきの地に全く新しいスタイルの団体が産声を上げた。市民の手で作られた美術団体「いわき市民ギャラリー」である。「市民が自主的に参集し、自らの手で作品を選び、企画運営する『ハイレベルの美術展』」を目指すと宣言した「市民ギャラリー」はその後、その宣言通りに、ヘンリー・ムーア、ロダン、クリムトなどの現代美術の展覧会を次々と成功させていく。その熱は行政も動かして、市立美術館の建設に結実した。この「市民ギャラリー」の発足にあたり重要な役割を果たしたのが、「玄玄天」参加作家でもある画家・松田松雄であった。当時「いわきを何とかしなきゃいけねぇ」と語っていたという松田は、自らの画業の傍ら、夜な夜な作家仲間たちと喧々諤々の議論を交わし、団体の発足に向け、いわきのまちなかを奔走した。40年経ったいまも、その熱は冷めていない。いわきでは市民による芸術活動が、あちこちで活発に行われているからだ。「玄玄天」もまた、そのひとつである。こうした位置づけのもと、本シンポジウムでは松田松雄を切り口にして、「市民ギャラリー」の活動を振り返り、いわき現代美術の黎明期の熱を次世代に伝えていく

※席数はもうだいぶ埋まっているみたいなのですが、興味のある方は問い合わせてみてください。
(ネット回線がまだつながっておらず、PC作業が滞っている。あてにしていたiPhoneのテザリング機能は全く使いものにならないことを学んだ。
すでに3回ほどiPhone速度規制がかかっており、現在も速度規制中だ。
コンビニ前でwi-fiを拾うぐらいしか術なし。
ネットカフェまで20kmの距離があり、気軽に行く訳にもいかず。
あと数日で届くはずのSoftbank Air待ち状態である。)

2016-10-19 | Posted in BLOG, ART, WORKNo Comments » 
Comment





Comment