松田タオメモリアル。

 春先まではまだ飼い猫らしく夜は家で寝ていたのにな。

 

 

20140929_1189045

 18歳と20歳。

20140929_1189047

 4月、祖母がうちで同居するようになってから、だんだんと帰ってこなくなった。
微妙に居心地悪くなったのだろう。
無理に抱っこしてうちに連れ帰っても、ご飯だけ食べてしばらくすると出て行っちゃう。
猫づきあいは常に盛んなタイプだった。
ご近所の何軒かのお宅にお世話になっていた。

20140929_1189044

 お庭にはよく来ていた。花壇の草を上手につぶして、お気に入りの寝床にしていた。
新ピキヨもタオが大好きで、タオにいろんな場所につれていってもらったようだ。
自分だけの世界をもっている猫だった。

新ピキヨのヤンママ、ミーも数ヶ月前出産後突然の失踪、そしてタオ……。
数年前のミオ失踪、旧ピキヨの毒殺を考えると、今回も疑いを抱かざるを得ない。

タオの写真を見るのがつらい。
タオ。ねぇタオ。


2014-09-29 | Posted in BLOGNo Comments » 
Comment





Comment