おとぎ話(いつかのスタジオにて 練習中の記録音源より)

ボーカル&キーボード アヤトピア
ギター&コーラス マージー阿部

3.11が近づくと、心がざわつく。年月が経つごとにざわつきが激しくなるのはなぜなのだろう。
正直、バレンタインどころではない。

阿部さんと私は久之浜の海の近くのとある場所で3.11をともに体験した。
あの時、まるで楳図かずおの「漂流教室」さながらに、強烈に時空が歪んでしまったのではないかと思う。
あの出来事がなければ阿部さんはまだ元気に生きていたのではないだろうか。

その後、阿部さんとバンドを組むことになった。
私はどこか懺悔や慰霊の気持ちで音楽をやっていた。
阿部さんと音楽をやること=一緒にあの時のあの出来事を背負っていくこと
だと勝手に思っていた。
だから何があってもバンドは続けていくものだと頑なに思っていた。暗黙の了解で阿部さんも同じ想いだろうと思っていた。
しかし、それは私の独りよがりな思い込みでしかなかった。
バンドはあっけなく終わった。曲だけが残った。

 

今年の3.11から阿部さんがいない。あの時の生き証人は私だけになった。
どういう気持ちで3.11を迎えれば良いのだろう。
久之浜のMくんのお墓に行ったら、阿部さんの分もお線香をあげよう。
いや、阿部さんはもうこの世での役目を果たしたのだから、もういいのだ。

 

阿部さんはこの曲を練習する時「『最近なんだか泥が喉に詰まる』って歌詞さ~、津波に流された人を連想させるからやめたほうがいいんじゃないの~?」とよく言っていた。よっぽど気になったのだろう。阿部さんらしいやさしさである。
でも結局私は歌詞を変えなかった。
変えるべきだったのだろうか?(ただしそれ以外の箇所は曲構成も含め、阿部さんのアドバイスでだいぶ変えた。)
その他にも、阿部さんの大人のアドバイスでタイトルを変えた曲がある。原発事故被害者への配慮だった。

……と、思い出は尽きない。
阿部さんに出会えたこと、心から感謝している。
3.11が近づくとますますしんみりしてしまうので、一足遅いバレンタインデーということでこの曲をUPしたのだった。
私ピッチガタガタ、阿部さんも間違えまくっているが、良しとする。
状態の良い音源がそんなに残ってないので、阿部さんが演奏した音源をUPするのはこれで最後になるだろう。
いずれ、新譜が完成した暁には阿部さんに必ず届けますので、超楽しみにしていてくださいね。
それでは、またお会いする日まで。

 

 

「おとぎ話」  詞・曲 アヤトピア

生ぬるい風を 暗い夜に吸い込む
私に聞かせて 君の大事な夢
ソーダ水の海は 君のくやし涙
手をつないで見てた 銀色のナギを

最近なんだか 泥が喉に詰まる
吐き出すように 歌い明かさなくちゃ

君はどこか遠くへ 行ってしまうのかな
私は同じところに きっとね 立っている

最近なんだか 泥が喉に詰まる
吐き出すように 歌い明かさなくちゃ

あたためてすぐに その声で
君のぬくもりもっと感じたい
甘い甘い恋のお話 2人だけの ひみつ
2人だけの ひみつ


2018-02-15 | Posted in MUSIC, DEMO, LYRICNo Comments » 

相思、相愛。

Soundcloudに「相思、相愛。」をUPした。
エンジニアさんにピッチ、タイミング補正や簡易mix、マスタリングをお願いしたのだけど、思うところあって結局やっぱり元のままの音でいくことにした。
音が足りないかなと思って自分で打ち込みして追加したリズムトラックや装飾的なエフェクトも最終的にはなんだか誤魔化しっぽい気がして外した。
これが今の、自分の音だ。
いやでも、サビにドンドコドンドコとパーカッション入れたいな、いやでも、初めから今回はボーカルとギターのみでいくと決めてたしな、いやでも……、と迷いは尽きない。
ほど良いギタリスト(ベースも弾けるらしい)は見つけた。
あとはドラム、パーカッションのほど良い人がいればな。
今はいないので、いないなりの音になったが、これでパーフェクトと思うことにする。
ライブでがっかりされたくないしな。整合性をはかりたい。

 

 

 

 

「相思、相愛。」 lyrics and music by ayatopia

「甘い関係」。「相思、相愛」。
いちばん夢見てたこと、叶わなすぎるから、口に出すのも……、恥ずかしい。
これ以上、努力のしようもなくて、占いばかり、見てしまう。
追いかければ、そりゃ、身体はくっつくが、
心はね、すれ違いでしょ?待てば……、それっきり。
トキメキだけで、しのいでます。
すり減るだけの惨めな恋なのに、終わらせ方が……、わからない。
あぁ……。
めいいっぱいに大人ぶって、ヤンチャな息子を見守る母親、演じてた。
だけど本当は……、甘えたい。
「君のサエないとこが好き」だと、言ってほしかった。
寒い日には、抱いてほしいけど、「かわいそう」と思っているなら、お願い……、放っといて。
やさしくされることに慣れないから、やさしくされすぎると私……、こわれて、しまうよ。
あぁ……。

 

vocal by ayatopia
guitar,ukulele by Jun Kurahashi
arranged by ayatoia & Jun Kurahashi
artwork by matsuda matsuo


2017-09-11 | Posted in BLOG, MUSIC, NEWS, DEMO, LYRICNo Comments » 

「眠ラヌ姫」音源UPしました。(歌詞あり)

 

「眠ラヌ姫」のDEMO音源を助教授(T.Tsuchiya)氏に再マスタリングしてもらい、DEMOの冠を外した。

 

 

SoundCloudにUPしておきます。

 

 

 

「眠ラヌ姫」
詞・アヤトピア 曲・りょうこキャロライン
編曲・yotaka、アヤトピア
Mixing&Mastering Engineer・T.Tsuchiya

 

前触れもなしで君は たやすく糸を切り
すべり台の向こうへ とんで逃げてった おとぎ話
夕立ち前の空から つるぎの雨が降ってきて
ぼーっと見てた私を すっ、とかすめたら
体中がひりひりしみた
誰かの涙が 空まで昇りきれず
また落ちてきたのでしょう?

長い夜 眠り姫にはなれそうもないから
痛みでも目が覚めるなら 激しく降って
どうか、激しく降って

座り過ぎてた椅子から急に立ち上がってみると
確かだった言葉が さっ、と青ざめて
嘘みたいに全部消えた
そわそわとざわめいて さまよって見失って
君はどこにいるのでしょう?

朝が来る方法なんて 知らないで生きてる
「おはよう」を言って眠ろう 夢で会いたい
そうだ、夢で会えるなら

 

photo・M.Kusahara


2017-06-04 | Posted in BLOG, MUSIC, DEMO, LYRICNo Comments » 

避難者

 

「避難者」

今よりしあわせに なるために
つらい お別れを したんだわ
ららら らら らららら らら

いじわるする人は まぼろしでしょう
自分のつくった  まぼろしでしょう
ららら らら らららら らら

新しい景色に ふるえています
ずっと前から ここにいたような
不思議な気持ちも しています

強くならずに 生きていれば
たくさん 涙があふれるのね
ららら らら らららら らら

自分の中にある だいじなもの
ひっそり 守っていくからね
ららら らら らららら らら

 

 

 

 


2017-04-21 | Posted in BLOG, MUSIC, LYRICNo Comments » 

相思、相愛。と、ざっくり近況つれづれ。

「My favorite hideaway 081」

@渋谷guest

2017年4月21日(金)

OPEN 19:00 / START 19:30

前売¥2.000 / 当日¥2.500 (+1DR¥500)

出演:アヤトピア、大石薫、清蔵あずさ
DJ:hb

アヤトピアは20:10~歌います。
ご予約は私かお店までどうぞ。

http://www.guestshibuya.com/

〒150-0043
渋谷区道玄坂 2-22-6 CREA道玄坂 B2
TEL.03-6277-5125

 

 

「眠ラヌ姫」のMV制作用の音源が完成した。
すごく良い曲だと思う。
これからお仲間たちとMV制作を始める。
いわきにいたらおそらくできなかったことだから、ありがたき幸せ。
どんな映像になるのか未定。かなり楽しみである。

新曲「相思、相愛。」 は、ギター教室の先生(先生だけど年下)にジャズっぽいアレンジをお願いしている。
私のコードはどうしても単純になりがちなので。もう少し深みと余韻がほしい。
後日レコーディングするつもりだ。
河村隆一のサポートなどもやっていたらしいから、間違いないだろう。
先生は、私の演奏をあれこれ言ったりはしないが、足りないところをそれとなく補おうとしてくださる。
その流れで、スタンダードジャズナンバーを課題曲で与えられている。
先生によく言われるのは「エロっぽく歌って」ということ。
なかなか難しい。
一皮剥けないといけない時期にきているのだろう。
なかなか大変だ。

 

 

「相思、相愛。」

「甘い関係」。「相思、相愛」。
いちばん夢見てたこと、叶わなすぎるから、
口に出すのも、恥ずかしい。
これ以上、努力のしようもなくて、占いばかり 見てしまう。

追いかければ、そりゃ  身体はくっつくが、
心はね、すれ違いでしょ? 待てば、それっきり。
トキメキだけで、しのいでます。
すり減るだけの惨めな恋なのに、終わらせ方が、わからない。

めいいっぱいに大人ぶって、
ヤンチャな  息子を見守る  母親演じてた。
だけど本当は、甘えたい。
「君の冴えないとこが好き」だと 言って、ほしかった。

寒い日には抱いてほしいけど
「かわいそう」と思っているなら お願い、放っといて。
やさしくされることに 慣れないから
やさしくされすぎると私、こわれてしまうよ。

「一番目には、なれないなら
あなたも私の二番目に、なって」と 冗談言ったら、
「構わない」とそっけなく答えたあなたのキスでとろけてる自分に、、、
絶望、してしまうの。


2017-04-18 | Posted in BLOG, MUSIC, LYRICNo Comments » 

眠ラヌ姫

「眠ラヌ姫」という曲、だいぶ前に作った曲だが(作曲は友だち)、久しぶりにこの曲と対面したら震災(原発事故)後から今までの自分の心情を歌っているみたいでちょっと鳥肌が立った。
満を持して歌ってみようと思い立ち、アコギにスチール弦を張り直し、弾き語りを練習している。
どうしても弾くのが苦手でアコギはもう弾かないつもりだったが、鉄弦の鋭くキラキラした音色の良さに今さら気づいた。……でもやっぱり難しくて、ウクレレで歌おうかな、歌いやすいメロディーに変えようかな、と検討中(弱気)。
引っ越して以来、長時間眠ることができずにいる。加齢のせいかなとも思う。そんなところもまたリンクしてしまう。

 

 

「眠ラヌ姫」

 

前触れもなしで君は たやすく糸を切り

すべり台の向こうへ とんで逃げてった おとぎ話

夕立ち前の空から つるぎの雨が降ってきて

ぼーっと見てた私を すっ、とかすめたら 体中がひりひりしみた

誰かの涙が 空まで昇りきれず また落ちてきたのでしょう?

 

長い夜 眠り姫にはなれそうもないから

痛みでも目が覚めるなら 激しく降って どうか、激しく降って

 

座り過ぎてた椅子から急に立ち上がってみると

確かだった言葉が さっ、と青ざめて 嘘みたいに全部消えた

そわそわとざわめいて さまよって見失って 君はどこにいるのでしょう?

 

朝が来る方法なんて 知らないで生きてる

「おはよう」を言って眠ろう 夢で会いたい そうだ、夢で会えるなら

 

長い夜 眠り姫にはなれそうもないから

痛みでも目が覚めるなら 激しく降って どうか、激しく降って

 


2017-03-20 | Posted in BLOG, MUSIC, LYRICNo Comments » 

光の射す方へ。

昨日は、地元ローカルの人にまたもや不思議な場所を教えてもらった。

 

 

まるで沖縄かグァム島か(行ったことないが)。

 

プライベートビーチ発見。
プーケット辺りの離島のようだった(行ったことないが)。

あまり人に教えたくない秘境の数々だった。
そっと1人で行った場合、再度同じ場所にたどり着けるか不安だがまた行ってみたい。

 

御宿のカフェ・バー&ギャラリーにて。
少しずつ知り合いが増えていく。ありがたい。

 

 

今日は、こちらに引っ越してきてやっと!1曲、形になった記念日。
ずっと曲が書けなくて困っていた。
ごはんつくりが楽しくて、自分の中のクリエイティビティーがごはんつくりや食材の買い出しやコインランドリー通いで充分満足していたからかもしれないし、
こっちに引っ越してからストレスがなくなって、ものを作る理由がなくなってしまったからでもある。

昨日、音楽好きの同僚に教えてもらったいろんな面白いアーティストの曲を聴いているうちに刺激になったのか、
今日になって急に曲の作り方を思い出した次第だ。

 

今日できた曲は、これからどんどん新曲を作れると見込んでの、ある意味捨て曲なのでUPしておく。
なぜか民謡調。

タイトルを「房総恋唄」にするつもりだったが、

 

検索したらやっぱりあった、房総恋唄。

 

 

↓同僚に教えてもらったアニス&ラカンカ。最高。

 

 


2017-01-14 | Posted in BLOG, MUSIC, LYRICNo Comments » 

IKAWISONG DEMO(アヤトピアwithエウロパ・ヒグVer.)

 

 

「IKAWISONG」   詞・曲 アヤトピア

あなたの絡んだ指の中に 小さなスイッチが入っていた
舞子の浜でカモメが飛んだ その瞬間 私の心死にました

海を知らない水の清さが好きだとあなたは背戸画廊まで
連れてってくれた だけれど水は海から蒸発(のぼ)ってまた川にもなる

幸せになろうとするたびに 誰かを不幸にしてしまう
人は都合良く神を見るのね 魔法が続けば良かったのにね

女たちが一夜二夜と 愛されたいよと泣き続けてる
わたしはひとり阿弥陀堂で わたしの女を捨てたのです

水石山のうさぎが跳ねる か弱き男を思い浮かべた
寂しすぎて死んでしまうと あなたの声が胸にこだまする

抱きあっても言葉を交わしても 新しい男(ひと)との行く末に
待ってる未来が見えない わがままおさえる薬飲みたい

 

Vo.&Ukulele アヤトピア
Steelpan エウロパ・ヒグ
Bass&Sound Engineer T.Tsuchiya


2016-12-06 | Posted in MUSIC, NEWS, DEMO, LYRICNo Comments » 

森になる DEMO(アヤトピアwithエウロパ・ヒグVer.)

 

 

「森になる」  詞・曲 アヤトピア

誰といても 息ぐるし  ああ 森へ行きたい
税金払いたくない  ああ 森へ行きたい

もしわたしが  熊に襲われて 殺されても
熊を撃たないで  熊を撃たないで
わたしが 森になっただけだから
森になっただけだから

自分を愛してくれる人を 好きになろうかな
電車は外回り ぐるぐる外回り
あぁ 森へ行きたい あぁ 森へ行きたい

しあわせになっちゃいけないのろいは解けたみたいね
空にはお月様 たくさんお星様
あぁ森へ行きたい あぁ森へ行きたい

自分を愛してくれる人を 好きになりたいな

 

Vo.&Ukulele アヤトピア
Steelpan エウロパ・ヒグ
Sound Engineer T.Tsuchiya


2016-12-06 | Posted in MUSIC, NEWS, DEMO, LYRICNo Comments » 

「森になる」スタジオ弾き語りDEMO Ver. 

先日のアコワンゴランプリ白河予選で歌った「森になる」、普段通りに演奏できずくやしかったのでスタジオ練習の時に録音していた音源をUPしておく。多少音程外れているが、良しとする。
いつもいつもライブ時の発作に悩まされており(医者の診断は「社会不安障害」)、今回のライブに合わせて催眠療法的なものを受けてみた。カウンセラーは自信満々で「もう人前で緊張することはなくなります」「あなたの過去にある緊張の原因を取り除きました」と言い切り型な感じだったし、私も素直に信じていたつもりだったが、当日リハーサルの時点でいつも通り発作発症。あれれれ?と焦っちゃって、結局軽めの安定剤飲んだが効かなかった。リハよりは本番のほうがまだ演奏はマシだったかもしれない。MCも催眠療法ネタをありのまま話してそれなりに盛り上がった気がする。自分の演奏を録音していなかったから結局どんな7分間だったのか、うかがいしれず。性格がこじれてると催眠療法はなかなか厳しいのだろうか。今後も受け続けるかやめるか、迷っている。
アコワングランプリ予選出場者はみなさん演奏レベルが高く、当然ながら予選通過ならなかったが、俊美さんに褒めてもらったので良しとする。他の曲も、聴いてもらいたい。

 

「森になる」  詞・曲 アヤトピア

誰といても 息ぐるし  ああ 森へ行きたい
税金払いたくない  ああ 森へ行きたい

もしわたしが  熊に襲われて 殺されても
熊を撃たないで  熊を撃たないで
わたしが 森になっただけだから
森になっただけだから

自分を愛してくれる人を 好きになろうかな
電車は外回り ぐるぐる外回り
あぁ 森へ行きたい あぁ 森へ行きたい

しあわせになっちゃいけないのろいは解けたみたいね
空にはお月様 たくさんお星様
あぁ森へ行きたい あぁ森へ行きたい

自分を愛してくれる人を 好きになりたいな


2016-08-01 | Posted in BLOG, MUSIC, DEMO, LYRICNo Comments » 

歌詩集、Kindleで販売始まりました。

 

 

amazonのKindleで「さようなら私たち アヤトピア第一歌詩集」の販売が始まりました。後日、iBOOKSや楽天KOBOからも販売が始まる予定です。

 

Kindle、BCCKS等の電子書籍版には特典CDは付きませんが、360円(税込)とリーズナブル設定です。
また、電子書籍版は中の写真がオールカラーとなっております(紙本は予算の都合上、中はモノクロ)。
ちょっと読んでみたい方は、ぜひどうぞ。

この流れで、あと2冊くらい、小説出そうかな、とも考えている。

 

 


2016-02-23 | Posted in BLOG, ART, DESIGN, NEWS, WORK, LYRICComments Closed 

ファースト詩集つくりました。

ここ1~2週間、初の詩集の編集に集中していた。
ハワイから帰国して以来、菌種不明の(抗生物質がぜんぜん効かない!どうしたことだ!)奇妙な風邪がなかなか治らないのをいいことに、ほとんど外出もせずひきこもり、人付き合いも絶ち、天才的な集中力で編集作業に没頭していた。
小説は、すでに完成した短編作品があったのでそれらをコピペ&レイアウトするだけのつもりだったのに、さらっと読み返してみたら結構な恥ずかしい粗を多数発見し、推敲に時間がかかってしまった。
写真はギリギリグレーゾーン覚悟で(肖像権ことごとく無視ごめんなさい)、生きいきしたハワイの姿を、ノスタルジックな旅人の眼で、愛をこめて選んでみた。
写真は難しく、面白い。一時期、佐内正史さんの写真が本当に好きだった。

そうして出来上がったマイファースト詩集だが、ごくシンプルな内容である。
ちなみに、紙本の中は「モノクロ」です。
読み返したらきっと粗を見つけてしまうだろうから、読み返さないでおくとしよう。それより私はライブの練習をしたほうが良い。

そうだ、「特典デモCD制作」という重要な作業を忘れていた。

もともとこの詩集は、ライブ会場用の物販商品を作りたくて作ったものだ。今まで売るものがひとつもなく寂しかったので。
通販でもお買い求めいただけるが、ライブ会場で直接お買い求めいただくと送料がかからない(いずれにせよ立ち読みだけでももちろんOKです。おかまいなくだ)。割高感は大変申し訳ない。原価が高いため、諸々手数料を引かれて赤字にならないギリギリの値段設定にしている。

さようなら私たち アヤトピア第一歌詩集』 アヤトピア著

アヤトピアの自選16曲の歌詩集。ハワイで撮影したノスタルジックなスナップ写真とともに、これまで詩誌等に発表してきた小説や散文詩の近作も収録。デモCD特典付(電子書籍版は除く)。
※本書の紙本版をBCCKSからお買い求めいただいた方は、ライブ会場に本書をお持ちいただければ特典デモCDを無料で差し上げますので、お手数ですが直接アヤトピアまでお声がけください。


さようなら私たち アヤトピア第一歌詩集』 アヤトピア著


2016-02-12 | Posted in BLOG, ART, MUSIC, DESIGN, WORK, LYRICComments Closed 

森になる (歌詞)

2015-08-03 | Posted in MUSIC, LYRICComments Closed 

くも女 (歌詞)

2015-08-02 | Posted in MUSIC, LYRICComments Closed 
1 / 212